正しいテークバックと、スイングの関連性|再現性のあるゴルフスイング法で50ヤード飛距離を伸ばす

再現性のあるゴルフスイング法で50ヤード飛距離を伸ばす

ゴルフで50ヤード飛距離を伸ばすことのできる再現性のあるゴルフスイング法をお伝えしていきます。

正しいテークバックと、スイングの関連性

 


ミスショットが多くて悩んでいる場合、
正しいテークバックをするようにすることでミスショットが減ります。


クラブヘッドがトップに言ったときの状態で、
ミスショットかナイスショットかが決まります。


再現性の高いスイングというのは、正しいテークバックを行うことで、
できるようになり、、それが結果的にミスショットを減らしてくれるのです。


ムリをしないことが、正しいテークバックのポイントです。


左脚に、アドレスで70〜75%、トップで80〜85%体重をかけ、
左ひじを上手く使うことが大切です。


一定したスイングが難しくなってしまったり、
さもすれば、身体を痛めてしまうこともあるのは、
無理な体勢が原因なのです。


テークバックがミスショットの原因の80%を占めているわけですから、
テークバックを正しくすることで、ミスショットは減ります。


テークバックとスイングの関連性は、非常に深いものです。


と言うことは、スイングが変わり、それをきちんと身につけることができれば、
再現性も高くなるということなのです。


まぐれとか偶然ではなく、常に満足のいく状態にしていくために
正しいテークバックとスイングは必要なのです。


あなたは、
正しいテークバックとスイングの方法で悩んでいませんか?





「再現性のあるスイング法」は、コチラをクリック!


Edit
Copyright © 再現性のあるゴルフスイング法で50ヤード飛距離を伸ばす All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます