グリップの握り方で、スイングを改善する方法|再現性のあるゴルフスイング法で50ヤード飛距離を伸ばす

再現性のあるゴルフスイング法で50ヤード飛距離を伸ばす

ゴルフで50ヤード飛距離を伸ばすことのできる再現性のあるゴルフスイング法をお伝えしていきます。

グリップの握り方で、スイングを改善する方法

 


あなたも含め、ゴルフをしている人なら、
グリップの握り方はゴルフをするうえでは重要ということは
知っていることだと思います。


飛距離をコントロールするにも、ボールの間借りをコントロールするにも
実際に、このグリップの握り方一つで変わってきます。


しかし、
グリップの握り方という基本的な部分ができていない人がいるのも現実なのです。


自分が狙ったところへボールを飛ばすことができるのは、
グリップをきちんと握ることで、全身の力をクラブに伝えてくれるからなのです。


スイングが正しいのに、ミスショットが多いというようなことがあるのは、
グリップの握り方にもあるのです。


グリップの正しい握り方を覚えることで、
そのような残念な結果を防ぐことができます。


身体のパワーをクラブにしっかりと伝えるためには、
左右の手できちんとした握り方をすることです。


そうすることで、自然と飛距離が伸びていくのです。


もちろん、
それだけではなく、ボールの曲がりを押さえることができるので、
更に飛距離を伸ばすことも期待できます。


まずは基本!


あなたも、正しいグリップの握り方をきちんと覚えませんか?





「再現性のあるスイング法」は、コチラをクリック!


Edit
Copyright © 再現性のあるゴルフスイング法で50ヤード飛距離を伸ばす All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます