クリーンヒットを出すための正しいゴルフスイングとは?|再現性のあるゴルフスイング法で50ヤード飛距離を伸ばす

再現性のあるゴルフスイング法で50ヤード飛距離を伸ばす

ゴルフで50ヤード飛距離を伸ばすことのできる再現性のあるゴルフスイング法をお伝えしていきます。

クリーンヒットを出すための正しいゴルフスイングとは?

 


必ずしもクリーンヒットが出るからと言って、
スコアが伸びるとは限りません。


色々と試してみても、思うような結果がでないのであれば、
あなたのスイングは間違っているのかもしれません。


特に、
常に狙ったところへ飛ばすことができるのであれば問題ないのですが、
狙ったところへ飛ばすことのできる確率が低いと言うのであれば問題です。


そして、
飛距離は出るのに、曲がらないで打つのが難しいと思っているのであれば、
スイングを修正することで、それを解決できます。


例えば、
体重移動をすることでボールが曲がってしまうのであれば、
最初から負担のかかる左足に体重をかけておけば良いのです。


また、
上半身と下半身のタイミングが合った時だけしか、狙った方向へ飛ばない・・・
というのであれば、きちんとタイミングが合うようにすれば良いのです。


クラブヘッドの芯がボールの芯をとらえることができれば、
クリーンヒットができるのです。


それがきちんとできるのが、
本来の正しいゴルフスイングになります。


きちんと当たれば、きちんとまっすぐ飛んで、
飛距離も伸びると言うワケなのです。


あなたも、
クリーンヒットの確率を伸ばしたいと考えていませんか?





「再現性のあるスイング法」は、コチラをクリック!






Edit
Copyright © 再現性のあるゴルフスイング法で50ヤード飛距離を伸ばす All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます