ゴルフスイングのコツは、回転ではなく捻転|再現性のあるゴルフスイング法で50ヤード飛距離を伸ばす

再現性のあるゴルフスイング法で50ヤード飛距離を伸ばす

ゴルフで50ヤード飛距離を伸ばすことのできる再現性のあるゴルフスイング法をお伝えしていきます。

ゴルフスイングのコツは、回転ではなく捻転

 


あなたは、解りますか?


回転と捻転の違いが。


回転と捻転は、似たように聞こえるかもしれませんが、
全く違います。


まっすぐに飛び、飛距離も出るゴルフスイングをしたいのであれば、
捻転、つまりひねりが必要になります。


身体を回転させて、その速さをアップさせたとしても、
力はね回転する方向へと逃げてしまい、パワーを産みません。


「本当にパワーを出したい!」


と思うのであれば「捻転」が必要なのです。


身体をひねるということは、
全身の筋肉を動かすことになるため、その分力が逃げず、逆に大きくなり、
小さなスイングでも、重たいボールを飛ばすことができるのです。


全身の力、そして筋肉を使えるかどうかというのが、
この回転と捻転の違いなのです。


いくら一生懸命、身体を回転させても、ボールは飛びません。


それどころか、
身体を痛めてしまうことすらあります。


そして、ボールが曲がりやすくなってしまうのです。

捻転によって、
腰と肩の角度も変わり、腕を使うだけや、
一部分だけの力を使うだけではなく、
全身を使ったゴルフスイングをしていきましょう。


そうすることで、今までにないパワーを出すことができます。


あなたの、
ゴルフスイングの根本は間違っていませんか?





「再現性のあるスイング法」は、コチラをクリック!


Edit
Copyright © 再現性のあるゴルフスイング法で50ヤード飛距離を伸ばす All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます